本文

企画展「毛呂山の災害史~記録と記憶から振り返る~」を開催しました

江戸時代から近代を中心に、災害に関する古文書などから、毛呂山の災害史を振り返る企画展を開催しました。度重なる水害により何度も堤防工事を行うなど、災害と向かい合ってきた毛呂山の人々の努力が現在の防災の礎となっていることがわかり、あらためて先人の苦労が今日に生かされていることが判明しました。
開催期間 令和元年6月8日(土曜日)から8月25日(日曜日)


現在、公開している情報はありません。

ページのトップへ

トップのページへ戻る