本文

戦乱の時代(中世から近世初期)

鎌倉幕府の成立にはじまる日本の中世は、武家が公家の支配を次第に退け、各地で内乱が勃発し、武士たちが勇猛に活動した戦乱の時代でもありました。
中世の毛呂山では、「毛呂氏」をはじめとする武士たちが政治的、軍事的に活動した歴史と、鎌倉街道という歴史舞台に展開した生活の痕跡が残されています。

トップのページへ戻る