資料館ニュース

イベント延期・中止のおしらせ

「第14回歴史民俗資料館まつり」・「桂木寺木造伝釈迦如来坐像の公開」・「ボランティア活動報告展」延期、「醤油仕込み実演会」中止のおしらせ

新型コロナウィルス感染防止のため、予定していました以下のイベントを延期または中止としました。


・第14回歴史民俗資料館まつり・・・延期(期日未定)
・桂木寺木造伝釈迦如来坐像の公開・・・延期(当館再開日~5月17日・日)
・ボランティア活動報告展・・・延期(会期未定)
・醤油仕込み実演会・・・中止


延期の期日などの詳細は、決まり次第ホームページ等で掲載します。
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきたくお願いします。

後期企画展「毛呂山町 遺跡調査60年のあゆみ~明かされてきた遥かなもろやま~」を開催しました

後期企画展「毛呂山町 遺跡調査60年のあゆみ~明かされてきた遥かなもろやま~」を開催しました

毛呂山町の正式な遺跡調査は、昭和34年(1959)12月から始まりました。本年60周年を迎え、この間、多くの発掘調査により不明だった毛呂山の原始・古代、中世の町の歴史が明かされてきました。

本展示では、60年間の遺跡保護や発掘調査の歩みを振り返るとともに、代表的な遺跡の発掘調査の成果を時代別に紹介しました。
また、関連事業として「毛呂山遺跡散策 ~身近なところに眠る遺跡を探ろう~」と、
講座「もろやまの縄文人たち」を開催しました。
見学者の方からは、毛呂山町にも数々の遺跡や、多くの土器などが発掘されていたことに驚きの声とともに、歴史の古さを知ることができたと感想をいただきました。

企画展「毛呂山の災害史~記録と記憶から振り返る~」を開催しました

企画展「毛呂山の災害史~記録と記憶から振り返る~」を開催しました

江戸時代から近代を中心に、災害に関する古文書などから、毛呂山の災害史を振り返る企画展を開催しました。度重なる水害により何度も堤防工事を行うなど、災害と向かい合ってきた毛呂山の人々の努力が現在の防災の礎となっていることがわかり、あらためて先人の苦労が今日に生かされていることが判明しました。
開催期間 令和元年6月8日(土曜日)から8月25日(日曜日)