特例郵便等投票について

 

 選挙期間中に新型コロナウイルス感染症により療養されている方等が、郵便等で投票ができるようになりました。

 

 

 特例郵便等投票とは

 新型コロナウイルス感染症で、自宅療養または宿泊療養している方のうち、一定の要件に該当する方が郵便等により不在者投票をすることができる制度です。

 詳細は『特例郵便等投票ができます』(507KB)(PDF文書)をご覧ください。

  

 

 対象となる方

 対象となる方は、「特定患者等」に該当する選挙人で、投票用紙等の請求した時点で、外出自粛要請または隔離・停留の措置にかかる期間が、選挙期日の公示または告示の日の翌日から当該選挙の当日までの期間にかかると見込まれる方です。

 

 「特定患者等」とは、次のいずれかに該当する方です。

  (1)感染症法・検疫法の規定により、外出自粛要請を受けている方

  (2)検疫法の規定により、隔離または停留の措置を受けて宿泊施設に収容されている方

 

 

 特例郵便等投票の投票用紙を請求できる選挙

  第49回衆議院総選挙

  第25回最高裁判所裁判官国民審査

 

  ※ 手続きに時間を要しますので、お早めの手続きをお願いします。

 

 

 投票用紙等の請求及び投票の手続きについて

(1)投票用紙等の請求

 投票用紙の請求は『投票用紙等の請求手続について』(654KB)(PDF文書)のとおり手続きを行ってください。

 請求書および郵送に使用する宛名表示は以下よりダウンロードし、使用してください。

 ※ 宛名表示を貼り付けた封筒を使用することで、郵送料が無料となります。 

 ※ 宛名表示の規格は長3封筒に対応しています。

 

 ・特例郵便等投票請求書(89KB)(PDF文書)

 

 ・特例郵便等投票請求書 記載例(107KB)(PDF文書)

 

 ・宛名表示(毛呂山町選挙管理委員会行き)(84KB)(PDF文書)

 

 

 (2)投票について

 投票は『投票の手続について』(609KB)(PDF文書)のとおり行ってください。 

  

 

 

 関連情報

  ・特例郵便等投票ができます(総務省ホームページ)

  ・新型コロナウイルス感染症により宿泊・自宅療養等されている方は、特例郵便等投票ができるようになりました

   (埼玉県ホームページ)

 


お問い合わせ 選挙管理委員会
代表:049-295-2112   
mail: soumu@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る