海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。

令和3年7月26日から毛呂山町保健センターにて受付開始となります。 

 

この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものです。それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。

 

(令和3年7月30日時点)台湾、香港、マカオのパスポートを持っている方からの申請に対する接種証明書の発行を再開しました。
 北朝鮮のパスポートを持っている方からの申請に対する接種証明書については、国籍欄の記載につき検討を要するため、引き続き発行を一時停止しています。

 

 概要等については

厚労省ホームページ「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について」をご覧ください。

英語版のページはこちらです。English link is here.「COVID-19 vaccination certificate for overseas travel

 

申請対象者

海外渡航予定があり、毛呂山町が発行した接種券(クーポン券)を使用して接種を受けた方

 

 

申請に必要なもの

(1)コロナウイルスワクチン接種証明書交付申請書 (エクセル(16KB)PDF(150KB)
(2)海外渡航時に有効なパスポート ※1
(3)接種券のうち「予診のみ」部分 ※2
(4)接種済証⼜は接種記録書

※1 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使⽤するパスポートの番号が⼀致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の⽅は、パスポートが交付された後に接種証明の申請を開始してください。また、外国籍の⽅等、外国政府の発⾏する旅券でも申請は可能です。
※2 (3)がない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住⺠票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提⽰できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本⼈確認書類でもかまいません。
 

  場合によって、必要なもの   
(5)パスポートに旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合
   旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類
(6)代理人(本人以外)が申請する場合
   委任状および代理人の身分証明書(PDF(46KB)
(7)郵送の場合
   返信用封筒(申請者が切手貼付、返送先住所を記載し提出)と住所の記載された本人確認書類の写し

 

申請方法

 保健センターの窓口もしくは郵送にて申請を受け付けています。

 ※申請を受けてから発行まで、お時間がかかる場合があります。

 

【郵送申請の送付先】
 〒350-0436
 埼玉県入間郡毛呂山町大字川角305番地1
 毛呂山町保健センター
 新型コロナウイルスワクチン接種係 宛

 

 

 

 

  外部リンク

   海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚労省ホームページ)
 


お問い合わせ 保健センター 新型コロナウイルスワクチン接種係
代表:294-5511   
mail: hsenter@town.moroyama.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

ページのトップへ


トップのページへ戻る