「鎌倉街道と古墳の森」保存活用プロジェクト始動!

 

 

イベント

新型コロナウィルス感染症を防止しつつ、
「鎌倉街道と古墳の森」保存活用プロジェクトを盛り上げるイベントを企画しました!

イベント1、2はご自宅等でいつでもお楽しみいただけます。
イベント3は、町内在住の小学4~6年生が申込み対象ですが、発表のようすをYouTubeでどなたでもご覧いただけます。
 

くわしくはイベント名をクリック ↓ ↓ ↓

イベント1 森の中の演奏でいやされよう ・・・古墳の森のコンサート(YouTube配信) 

イベント2 君への挑戦状! ・・・謎解きゲーム!古墳の森に隠されたお宝を探せ!! 

イベント3 YouTubeデビュー? ・・・こども探検隊in鎌倉街道~毛呂山の貴重な歴史遺産を学んで、発表しよう!~ 

 

 

  

「鎌倉街道と古墳の森」 見どころマップ

 毛呂山町の鎌倉街道は、文化庁の「歴史の道百選」(*)に選定されている大変貴重な、町の宝ともいうべきものです。
 また、越辺川近くの鎌倉街道周辺には、多数の小さな古墳が残されており、森の中に古墳が見られる風景が広がっています。
当プロジェクトは鎌倉街道とともに、周辺の美しい古墳の森の景観や、文化財群が多くの人々に守られ、親しまれるよう、
その魅力を伝えていくものです。

 

鎌倉街道へは、埼玉県入間郡毛呂山町大類535番地1 毛呂山町歴史民俗資料館
を目印においでください。お車は毛呂山町歴史民俗資料館の駐車場をご利用ください。

 

map*「歴史の道百選」は、文化庁が全国の歴史的・文化的に重要な古道などを選定したもの。
埼玉県では毛呂山町の鎌倉街道を含む2件のみが選定されました。
凡例・・・見どころマップ内の「★1」は「★見どころ1」、「★2」は「★見どころ2」、「★3」は「★見どころ3」にそれぞれ対応しています。

 

★見どころ1 越辺川の手前には宿場とお寺があった!

毛呂山町の鎌倉街道の北端は、越辺川(おっぺがわ)にたどりつきます。
発掘調査によって、そこには中世の宿場があったことがわかっています。
ここは、中世の文献にある「苦林宿」(にがばやしじゅく)だと推定されています。
宿場にはいくつもの井戸が見つかっており、多くの人々が住んでいたと思われます。
そして、宿場の西側の高台には崇徳寺(または阿弥陀堂)というお寺があったと伝えられ、たくさんの中世のお墓のあとが残っていました。
 鎌倉街道を通って越辺 川を渡る人々が滞在したり、川を使って運搬されてきた商品がおろされ、鎌倉街道を使って各地に輸送されるなど、流通の盛んな所に宿場がつくられたようです。   
*この遺跡は今も地面の下にあるので見ることはできませんが、毛呂山町歴史民俗資料館に発掘調査の出土品が展示されていますので、どうぞご覧ください。
itabi ←元は崇徳寺跡にあった延慶の板碑(1310年銘、埼玉県指定文化財)。高さは3m!

★見どころ2 昔ながらのこみち

毛呂山町の鎌倉街道は、今も舗装されていないこみちが残る、関東でも数少ない鎌倉街道です。
地面の下には、鎌倉街道の道路と側溝の遺跡が眠っています。
道路の幅は3~4mで、両側に側溝をつけており、越辺川の方向に向かって水が流れるように掘られています。
この周辺は、春夏秋冬どの時期もちょっとした散策にちょうどいいこみちです。
季節を感じながら、林の中をお散歩してみてはいかがでしょうか。
令和2年度の調査では、あらたな発見もあり、宿場の入口付近に石が敷かれていることがわかりました!
kamakurakaidou ←舗装されていない鎌倉街道。とても貴重です。

★見どころ3 古墳の見える森

毛呂山町の鎌倉街道にそった木もれ日さす森の中に、ポコンポコンと小さな山が見られます。
これは、古墳時代に造られた小さな円墳です。
越辺川に沿って、両岸に80基もの古墳を見ることができます。
鎌倉街道を通った中世の旅人も、この古墳を見ながら宿場へ向かっていったことでしょう。
どこに古墳があるか探しながら歩くのも楽しいですよ!
kofun ←森の中にみられる古墳。こんな小さな山を見つけてみてください。

★見どころ4 深く掘り下げた鎌倉街道の土木工事のあと

鎌倉街道は、高低差をなくすため、場所によっては深く掘り下げて道を造りました。
これを掘割(ほりわり)といいます。
毛呂山町には、掘割の跡がはっきりと残っている所があります。
この場所に立つと、中央の道の部分は低く、両側は高くなっているのがわかります。
鎌倉時代の記録によると、地頭と呼ばれる地域の有力な武士が道の管理をしていました。多くの人々が土木工事にたずさわり、鎌倉街道を造ったり、直したりしたのでしょう。
道幅は約3mで、道の両側には側溝も造られていました。
関東にいくつかある鎌倉街道の本道の一つとされているため、しっかりとした工事を行ったのではないでしょうか。
horiwari ←鎌倉街道の掘割のようすがよくわかる遺跡
  


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る