歴史民俗資料館の利用制限について

 緊急事態宣言解除に伴い、利用制限を変更し、図書室の利用を再開しました。引き続き新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、安全にご利用いただくため、下記の利用制限を継続しています。ご来館の際はご協力をお願いします。

  

ご来館の際は以下のことにご協力ください

(1)入館時、「入館者ご記入票」に住所・氏名・連絡先等をご記入ください。
(2)出入館の際は、手洗いや手指消毒をお願いします。
(3)マスクを着用してご入館ください。

※下欄の「入館者ご記入票」をダウンロードし、記入してお持ちいただいても結構です。

 

ご入館にあたってのご注意

(1)入口での検温にご協力ください。
(2)発熱や風邪症状のある方は入館をお断りすることがあります。
(3)見学の際は、ほかの方と間隔をあけていただけるようお願いします(概ね2mを目安)。
(4)館内で大声での会話はお控えください。
  また、密接をさけるため職員の展示解説は行っていませんのでご了承ください。
(5)ごみは各自お持ち帰りください。
(6)団体見学は事前連絡をお願いします。密集をさけるため人数制限をする場合もあります。

  

ご見学以外のご利用について

(1)図書室の利用は、同時に4人までの入室とします。
(2)学習室は事前予約のみ、20人までの利用とします。
(3)所蔵資料の一般利用者の閲覧、貸出しは当面の間行いませんのでご了承ください。
(4)館内の給水器は利用できません。

 

開発に伴う埋蔵文化財に関するお問い合わせについて

埋蔵文化財に関する照会、お問い合わせは、通常どおり受付いたします。
※埋蔵文化財包蔵地の照会につきましては、できるだけファックス等でのお問い合わせをお願いいたします。


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

ページのトップへ


トップのページへ戻る