家庭教育支援

昔は多世代が同じ屋根の下に住んでいたため、子育てを手伝ってもらったり、子育てに関する悩みを相談できたりしました。また家族でなくても、近所や地域の方同士が顔見知りで、声を掛け合ったり、助け合ったりしながら、地域で子供を育てるのが当たり前だったかと思います。

 

しかし、核家族化や少子化、人間関係の希薄化などの社会の変化に伴って、人々の暮らしや家庭の在り方は多様化してきました。貧困問題や児童虐待、いじめや不登校、引きこもりなど、家庭と子供をめぐる様々な問題が深刻化し、家庭教育の課題は増している一方で、子育て家庭は孤立しがちで、地域社会からの理解や支援を得にくくなっているのが現状です。

 

今はインターネットで何でも検索できるうえ、SNS上で見えない相手に相談することもできる時代です。

 

しかし、子育て経験のある方にちょっとした悩みを気軽に相談できたり、子供の様子を知っている地域の方に話を聴いてもらうなど、身近に相談相手がいると心強く、安心です。昔ほどの結束はなくても、地域での「ゆるいつながり」に助けられることはたくさんあるのではないでしょうか。

 

毛呂山町教育委員会では、家庭教育支援に取り組んでいます。子育て中の親に対する相談体制や地域全体で毛呂の子供を育てる体制づくりを推進します。

 

親の学習講座

お子さんが小学校入学を控えた保護者に対し、就学時健診時に「親の学習」講座を実施しています。小学校入学までに家庭で取り組んでほしいことや、心構えなどについて、保護者も一緒に考えていただく講座です。

令和2,3年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、講座を中止し、資料配付としました。作成した資料をぜひお読みください。

(令和元年度の講座の様子)

 

 


お問い合わせ 生涯学習課
代表:049-295-2112   fax:049-295-3939
mail: gakusyu@town.moroyama.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

ページのトップへ


トップのページへ戻る