基地対策に対する要望活動の実施について(令和2年7月17日実施)

埼玉県及び毛呂山町を含む14市町から構成される埼玉県基地対策協議会は、令和2年7月17日(金曜日)に、令和3年度予算の概算要求に向け、北関東防衛局、防衛省、外務省に対し、基地対策に関する要望活動を実施しました。

 ※今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加人数を減らし、埼玉県、狭山市、朝霞市ほか4市町等が代表して要望活動を実施しました。

 

○主な要望と回答

 

【住宅に関する防音の拡充】

 

要望趣旨:「住宅の防音工事助成の拡充」

回答趣旨:「航空機の運用の状況等も踏まえつつ、騒音の状況に応じて適切に対処するとともに、更なる事業促進を図り、周辺住民の方々の負担軽減が図られるよう、引き続き努力してまいりたい。」

 

【航空機の安全飛行の徹底】

 

要望趣旨:「航空機の安全飛行の実施を徹底」

回答趣旨:「航空機の飛行の安全の徹底、航空機事故の再発の防止に努めているものと受け止めているが、当局としても引き続き自衛隊及び米軍に対して航空機の飛行の安全管理の徹底を求めてまいりたい。」

 

【航空機の運用に関する関係自治体等への情報提供】

 

要望趣旨:「オスプレイの運用についての具体的内容や安全性及び今後の追加配備に関する、関係自治体及び住民への事前説明」

回答趣旨:「今後とも、米側からお知らせできる情報が得られた場合には、関係自治体の皆様に情報提供するとともに、引き続き、米側に対し、地元の皆様に与える影響が最小限にとどまるよう適切に対応してまいりたい。」

 

埼玉県基地対策協議会(外部リンク)

 

県政ニュース(外部リンク)


お問い合わせ 企画財政課
代表:049-295-2112   fax:049-295-0771
mail: kizai@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る