新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳及び自立支援医療(精神通院)の更新手続きについて

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から精神障害者保健福祉手帳及び自立支援医療(精神通院)の更新手続きについて、下記の通り臨時的取り扱いがされる事になりましたので、お知らせします。

 

 

《精神障害者保健福祉手帳》                             
更新時に必要となる診断書の提出が1年間猶予され、申請書の提出のみで有効期限を更新できます。

※通常通り、診断書を提出しての申請も可能です。

[対象者]手帳の有効期限が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの方 

 

[注意点]

・現在お持ちの手帳の有効期限から1年以内に診断書の提出が必要です。

・診断書の提出を猶予した場合、障害等級は従前の等級によるものとなります。
・年金証書等による更新申請は、猶予措置がありません。

 

 

《自立支援医療(精神通院)》                                                         
受給者証の有効期間が1年間延長されます。

[対象者]受給者証の有効期間が令和2年3月1日から令和3月2月28日までの方
 

[注意点]

・更新手続きは不要で、有効期間が1年間延長されます。
・現在お持ちの受給者証は記載された有効期間終了日から1年間はそのままご利用いただけます。
・自己負担上限額については、現時点での負担額を引き継ぐことになります。変更を希望される方は変更の申請が必要です。
・有効期間延長後の更新手続きは、有効期間の3ヶ月前から有効期間内に必ず行って下さい。


お問い合わせ 福祉課
代表:049-295-2112   fax:049-295-2126
mail: fukusi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る