新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する町長メッセージ

令和2年10月7日

新型コロナウイルス感染症の新規感染者が首都圏でも減少傾向となってきました。しかしながら、冬に向けてインフルエンザの流行が懸念されます。
新型コロナウイルスの感染防止対策はインフルエンザの感染予防にもなります。町民皆様におかれましては、引き続き、外出時のマスク着用、手洗いの励行、3密「密閉・密集・密接」の回避など、予防のための心がけをお願いします。
ウイルスと共存しつつ、社会経済活動を行っていくため、新しい生活様式を取り入れ、感染防止対策を実施した町内店舗の利用など、支援のためのご協力もお願いします。
また、常時感染リスクと向き合いながら医療に従事している皆様、様々な立場で感染予防に努めている皆様すべての方への感謝を忘れないようにしましょう。新型コロナウイルスは、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくありません。陽性となった方やそのご家族、医療従事者などに対する誹謗中傷は絶対にあってはなりません。町民皆様の冷静な行動とおもいやりの心を持った対応をお願いします。

毛呂山町長 井上 健次 
 
 

令和2年9月23日

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための皆様へのお願い
■家庭内での感染防止
1 ウイルスを持ち込まない
 ・密閉・密集・密接の3つの密を避ける
 ・外出先でも手指消毒、マスク着用、身体的距離の確保(ソーシャルディスタンス)
 ・帰宅後、すぐに手や顔を洗う
2 体調が悪いなど感染が疑われる場合
 ・できるだけ部屋を分ける
 ・定期的な換気、共用部分の消毒
 ・高齢者や基礎疾患のある方は特に注意
新型コロナウイルス感染症の終息に向けては、まだ時間がかかると思いますが、引き続きご協力をお願いします。

毛呂山町長 井上 健次 
 
 

令和2年9月9日

新型コロナウイルス感染症の全国での感染者数が8月後半より減少に転じていますが、予断を許さない状況が続いています。
町民の皆様には、日頃より新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいただいておりますが、いくら自分が注意していても感染してしまうリスクはあります。まずは自分自身が感染しない、感染させない対策として、引き続き「身体距離の確保(ソーシャルディスタンス)」「マスクの着用」「手洗い・うがい」の徹底や、「感染症対策がなされていない場所へはいかない」などの取り組みをお願いします。
誰もが感染者となる可能性があります。「人にうつさない」「人からうつされない」「自分が感染しているかもしれない」という意識をもって行動をお願いします。また、同時に感染に関するデマやうわさ話に惑わされることなく、お互いの人権を尊重し、正しい情報に基づいて行動していただくよう、お願いします。

毛呂山町長 井上 健次 
 

令和2年8月26日

新型コロナウイルス感染症の感染者が全国で高止まりしています。埼玉県においても同様に新規陽性者が増えています。
町民の皆様には、発熱症状があるなどの体調の悪い方の場合、不要不急の外出をお控えください(医療機関への受診は除きます)。感染症対策が十分に取られていない施設の利用は避けてください。観光の際には観光庁が公表している「旅のエチケット」を参考にし、感染防止に対する配慮をお願いします。
感染拡大を防ぐため、お一人おひとりの感染防止策が必要不可欠となります。町民の皆様には引き続きご不便をお掛けしますが、大切なご家族の命を守るため、皆様のご協力をお願いします。

毛呂山町長 井上 健次 
  

令和2年8月12日

7月以降、埼玉県内で新型コロナウイルス感染症の感染者が増えており、本町でも8月に入り感染者が複数確認されました。
埼玉県の発表のとおり、8月初めの感染者は50代から10歳未満の9人で、学校関係者も含め新規感染者が発生しています。
町では、所轄である坂戸保健所と連携して迅速に感染拡大防止のための対応を図っております。なお、坂戸保健所により濃厚接触者の方々に対するPCR検査が実施されました。PCR検査では全員が陰性と判定されました。
町民の皆様におかれましては、引き続き、密閉・密集・密接のいわゆる3密を避けていただくこと、また、咳エチケットや手洗いの徹底をお願いします。
今後も、県や関係機関と連携しながら、町民の皆様へ的確な情報提供を行うとともに、感染症の予防と拡大防止に努めてまいります。
そして、感染者とその関係者に対する偏見や差別は、厳に慎んでいただくよう、改めてお願いいたします。町民皆様のご理解ご協力を、心からお願いいたします。

毛呂山町長 井上 健次 
 

 

令和2年4月17日

新型コロナウイルスに関する政府の緊急事態宣言を受けて、町でも職員の勤務体制について見直しを行います。
役場の業務継続のため、職員の一部をサテライト勤務(執務室の分割)、時差出勤など、4月20日から5月6日まで実施します。そのため、役場対応職員が減少となります
町民の皆様にご不便をおかけすることもございますが、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

毛呂山町長 井上 健次
 

令和2年4月9日

 4月7日、新型コロナウィルスの感染拡大に対し、政府対策本部は改正新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。
この緊急事態宣言を受け、埼玉県から新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐための要請がなされています。毛呂山町といたしましても、この要請を受け、国、県と連携しつつ、町民のみなさまに要請していくことになります。ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

1 通院や食料品等の生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外への運動や散歩などの必要な場合を除き、不要不急の外出を控えていただくようお願いします。

2 引き続き集団感染を防ぐため、手洗い、咳エチケットを徹底するとともに、密閉、密集、密接の3つの「密」がそろう場への外出や集まりの参加について自粛をお願いします。

3 埼玉県教育委員会の要請を踏まえ、町立小中学校につきまして、5月6日まで臨時休校といたします。ご協力をお願いします。

4 生活必需品の購入につきましては、買い占めや売り惜しみがないよう冷静な対応をお願いします。

みなさまお一人お一人がご自身を感染から守ることから、家族、ひいては社会全体を守ることにつながります。
町も安全で安心な、日常生活を取り戻すため、全力を尽くして参りますので、みなさまのご協力をお願いします。
町民一丸となって、この国難を乗り越えていきましょう。

毛呂山町長 井上 健次
 


お問い合わせ 保健センター
代表:049-294-5511   fax:049-295-5850
mail: hsenter@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る