令和元年度後期企画展
『毛呂山町 遺跡調査60年の歩み~明かされてきた遥かなもろやま~』(歴史民俗資料館)

  毛呂山町の正式な遺跡調査は、昭和34年(1959年)12月のことでした。それから数えて本年度は60周年を迎えました。この間、多くの発掘調査が行われ、不明であった原始・古代、中世などの町の歴史の一端が1つひとつ考古学的に解明されてきました。

 半世紀以上にわたる間の遺跡保護や発掘調査の歩みについて振り返るとともに主要遺跡の調査成果の概要も時代別にご紹介します。

開催期間

令和元年10月12日(土曜日)から令和2年3月1日(日曜日)

 

展示構成 

 はじめに 

 

1 埋蔵文化財(遺跡)保護・発掘調査の歩み

   発掘調査の黎明期-昭和30年代・40年代-

   専門職員配置からの36年

 

2 発掘調査でわかったこと

   遺跡がある場所

   縄文時代

   弥生時代

   古墳時代

   奈良・平安時代

   中世

 

 おわりに

 

関連講座

後期企画展関連講座

「毛呂山の縄文人たち」

日時

令和元年11月9日(土曜日) 13時30分から15時30分

会場

毛呂山町歴史民俗資料館 学習室

定員

40名(先着)

参加費

無料

申込み

11月8日(金曜日)まで毛呂山町歴史民俗資料館へお申し込み下さい。

 

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る