避難情報に関するガイドラインの改訂について

「避難情報に関するガイドラインの改訂について」           

 

国は、令和元年台風19号を教訓とし、「避難情報に関するガイドライン」を改訂しました。

この改訂により「避難勧告」が廃止され「避難指示」に一本化となり、住民が直観的に理解しやすく、適切な避難行動が可能となるように5段階の「警戒レベル」を用いて情報提供することとしました。

 

詳細については、下記リンクから内閣府のホームページをご覧ください。

 

 避難情報に関するガイドライン(内閣府ホームページ)

 

「発令される警戒レベルと住民等がとるべき行動(避難行動等)について」 

災害発生の恐れの高まりに応じて、警戒レベル、避難情報等及び住民等がとるべき行動(避難行動等)を関連付け、避難のタイミングを明確にしました。

町は警戒レベルと併せて避難情報を発令し、避難のタイミングをお伝えします。

 

なお、各種の情報は警戒レベル1から5の順番で発令されるとは限りません。状況が急変する可能性もあります。また、これらの情報が発令されていなくても、身に危険を感じる場合は直ちに安全な場所に避難をしてください。

警戒レベル 避難行動等 避難情報等

発令(発表)

主体

警戒レベル5

災害発生又は切迫

命の危険 直ちに安全確保!

緊急安全確保(注釈1)

警戒レベル4

災害のおそれ高い

危険な場所から全員避難

公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅のより安全な場所に避難しましょう。

避難指示

警戒レベル3

災害のおそれあり

危険な場所から高齢者等は避難

避難に時間を要する方(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。その他の方は、避難の準備を整えましょう。

高齢者等避難

(注釈2)

警戒レベル2

気象状況悪化

自らの避難行動を確認

避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。

大雨・洪水・注意報

気象庁

警戒レベル1

今後気象状況悪化のおそれ

災害への心構えを高める

災害への心構えを高めましょう。

早期注意情報

気象庁

注釈1:警戒レベル5の緊急安全確保については、町が災害の状況を確実に把握できるものではない等の理由から、必ず発令されるものではありません。

注釈2:警戒レベル3は、高齢者等以外の人も必要に応じ、普段の行動を見合わせ始めたり危険を感じたら自主的に避難するタイミングです。

 

警戒レベルを用いた避難情報の発令について、内閣府がチラシを作成しています。以下からダウンロードしてご覧いただけます。

避難情報に関するポスター(PDF文書) 


お問い合わせ 総務課
代表:049-295-2112   
mail: soumu@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る