適正体重を保ちましょう

自分がやせているのか太っているのか気になりませんか?

肥満かやせに対する世界共通の基準があります。 BMI というものです。

これは、体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m) であらわされます。

 

例えば、体重60Kg 身長160.5cm の人は

60÷1.605÷1.605=23.291・・・となります。

この数値がどのような状態なのかは下表をご覧ください。「普通体重」になります。

日本人の体型に合わせて日本肥満学会で基準を決めています。学会の発表によると、BMIが22の人が統計的に病気にかかりにくいとしています。 

  状態      指標
 低体重  18.5未満
 普通体重  18.5以上、25未満
 肥満(1度)  25以上、30未満
 肥満(2度)  30以上、35未満
 肥満(3度)  35以上、40未満
 肥満(4度)  40以上

          2011年 日本肥満学会の肥満基準

 

自分の適性体重は、 身長(m)×身長(m)×22(統計的に病気にかかりにくい数値)

となり、身長160.5cmの人では、

1.605×1.605×22=56.672・・・Kgとなります。

 

BMIが18.5未満の低体重は、骨粗鬆症や筋肉不足になりやすい傾向があります。

BMIが25以上は肥満と分類されます。11の肥満関連疾患(耐糖能障害、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症・痛風、冠動脈疾患、脳梗塞、脂肪肝、月経異常及び妊娠合併症、睡眠時無呼吸症候群、肥満低換気症候群、整形外科的疾患、肥満関連腎臓病)になりやすいと言われています。

自分の適性体重を知り、食生活の改善や適度な運動により、徐々に理想の状態に近づけることをお勧めします。

急に体重を変化させると、身体に影響が出ますので、半年で3Kgの変化を目安にすると良いでしょう。

 


お問い合わせ 保健センター
代表:049-294-5511   fax:049-295-5850
mail: hsenter@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る