国民年金産前産後期間保険料免除申請制度が始まります

 国民年金第1号被保険者が出産した場合、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が平成31年4月より始まります。

 

 免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(産前産後期間)を対象として保険料が免除となります。

免除が認められた期間については、保険料を納めた期間として扱われます。

また多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

妊娠85日(4か月)以上の早産・死産・流産された方も含みます。

 

対象者

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

 

届出時期

出産予定日の6か月前 ※届出ができるのは制度開始後の平成31年4月からです。

 

届出先

住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口

 

手続きに必要な物

・年金手帳またはマイナンバーが確認できる書類

・印鑑(認印可)

・本人確認ができる書類(写真付は1点、その他のものは2点必要)

・母子健康手帳(別世帯の子の場合は、出産証明書など出産日及び親子関係を明らかにすることができる書類を添付)

 

問合せ  

川越年金事務所 TEL 049-242-2657


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る