認知症などで徘徊行動のある方に対し「見守りシール」を配布します

「見守りシール」ってどんなもの?

 認知症などで徘徊行動のある方が行方不明になった際、発見者がスマートフォン等で見守りシールに印刷されているバーコード(QRコード)を読み取ることで、保護者へメールが届き、発見・対応をスムーズにするシステムです。

 

QRコードイメージ←「見守りシール」イメージ

 

「見守りシール」の使い方・しくみ

 見守りシールにはバーコード(QRコード)が印刷されています。このシールを衣類や持ち物(杖やバッグ等)に貼っておきます。対象者が行方不明になってしまった際、発見者がスマートフォン等でバーコード(QRコード)を読み取ると、インターネット上の伝言板サイトが表示され、発見場所などを入力すると保護者(緊急連絡先)あてにメールが自動転送されます。

 発見者と保護者は、伝言板サイトを介して24時間365日、直接のやりとりができるため、保護者は素早く迎えに行くことができます。

 発見者・保護者ともに自分の住所や電話番号などの個人情報を知らせる必要がないためお互いの個人情報が漏れる心配もありません。

 

 " 発見~保護~ご帰宅 " まで安心、安全、迅速に

 

配布の対象となる方

町内に住所を有する在宅生活者で徘徊行動のある方

 

配布枚数(対象者一人あたり)

アイロンで衣類等に貼るシール(洗濯可能) 30枚

杖やバッグなど持ち物に貼る蓄光シール     10枚

 

費用

無料 (ただし、追加交付分は自費となります。)

 

申請先

高齢者支援課 高齢者福祉係 (申請前に必ずご相談ください)

 

※見守りシールを貼った高齢者を発見した方へのお願い

 衣類や持ち物に見守りシールを貼った高齢者が道に迷っているようであれば、正面から優しく声をかけてください。

 スマートフォン等でバーコード(QRコード)を読み取り、伝言板サイトにアクセスすると、保護者にメールが自動送信されます。

 アクセスしたことで個人情報が漏れることはありません。


お問い合わせ 高齢者支援課
代表:049-295-2112   
mail: kourei@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る