平成29年度春の流鏑馬が行われました

 平成30年3月11日(日曜日)、今年の春の流鏑馬が奉納され、長瀬三区の森川敬仁くん(5歳)が乗り子を務めました。

 春の流鏑馬では、6歳以下の幼い子どもが乗り子となり、静止した馬上から弓を射って五穀豊穣などを祈願する「願的」(がんまとう)という儀式が行われます。

 「7歳までは神の子」という考えがあり、乗り子の敬仁くんが『神の子願いの一矢』を見事に的を当て、『願的』を成功させました。大役を終えた敬仁くんは、周囲で見守る多くの皆さんの拍手に包まれ、笑顔を浮かべていました。 

 

ポニー乗馬体験

↑「兜をかぶってポニーに乗ろう!」も同時開催されました。
待機している馬
集合写真
願的(がんまとう)
願的(がんまとう)2
願的(がんまとう)3
願的(がんまとう)4
願的(がんまとう)5

 


お問い合わせ 秘書広報課
代表:049-295-2112   fax:049-295-0771
mail: hisyo@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る