漏水していませんか?

 

 

 漏水の確認について

 

 いつもより使用水量が多いと思ったら、どこかで水が漏れていないか確認しましょう。

☆水道メーターで知る。 

  • 水道の蛇口を全部しめてメーターを見てください。
  • メーターのパイロット(銀色:写真参考)が少しでもまわっていたら漏水しているかもしれません。
  • 時々メーターを確認しましょう。

    水道メーター 

☆目や耳で知る

  • 蛇口や壁に耳をあて「シュー」という水の流れるような音が聞こえるとき。
  • 台所や浴室などの配管してある壁や、はめ板などがいつもぬれているようなとき。
  • 給水管が埋めてある付近や水道メーターボックスのまわりが、いつもぬれているとき。

 

※漏水が確認できたとき、また、明らかに宅地内で給水装置が故障・破損して漏水しているときは、毛呂山町の指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

 

 修理されるまでの間はムダな水の流出をさけるため、メーターボックス内の「止水栓」を一時的にしめておくことをおすすめします。(写真は、レバータイプ)

 丙止

  水漏れは、貴重な水をムダにするばかりでなく、ご家庭での水道料金の負担も大きくなります。わずかな漏水でもそのままにしておかないで、すぐに指定給水装置工事事業者修理を依頼してください。

 

  ※メーターより建物側の給水装置は、お客様ご自身で管理していただくものです。修理費はご自身で負担していただくのは

 もちろんのこと、漏水にかかる水道料金もお支払いいただくことになります。

 

 漏水による水道料金の減免について

 
  漏水で増えてしまった水量分の料金については、一部が免除される場合があります。 
 ※詳しくは水道課業務係までお問い合わせください。 
 
  適用される場合
  • 地下埋設部分等で発見が困難な漏水であること。
  • 漏水により平常時使用水量の2倍以上の水量であること。
  • 毛呂山町の指定給水装置工事事業者により漏水修理を行い、漏水修理証明書(漏水修理写真含む)の添付があること。
  • 過去1年以内に水道料金の減免を受けていないこと。
  • 水道料金が滞りなく納入されていること。
  • 使用者の過失による破損等でないこと。

 イメージ 適用されない場合

  • 使用者が漏水していることを知りながら、故意に修理を怠った場合。
  • 使用者が不正に水道工事を行った場合。
  • 毛呂山町の指定給水装置工事事業者以外の工事店で修理を行った場合。 

お問い合わせ 毛呂山町水道課 業務係
代表:049-295-2112 内線162・163・164   

ページのトップへ


トップのページへ戻る