医療費控除を受ける際の提出書類が変わります(平成30年度から)

 レシートや領収書の提示(提出)が不要になりました

 平成29年分(平成30年度)の確定申告から、「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」を提出することになりました。 それに伴って、レシートや領収書の提示(提出)は不要になります。

 どちらの様式も国税庁のホームページからダウンロードできます。また、国税庁ホームページの確定申告書作成コーナーを利用すると、明細書も一緒に作成することができます。

 

 

 注意点

1 記入内容確認のため、確定申告期限から5年間は税務署からレシートや領収書の提示(提出)を求められる場合があります。捨てずにご自宅で大切に保管してください。

 

2 「医療費控除の明細書」は、医療保険者から交付を受けた医療費通知(「医療費のお知らせ」など)を添付する場合、「1 医療費通知に関する事項」のみの記入が必要です。ただし、医療費通知に記載のない医療費の控除を受ける場合には、すべての項目の記載が必要です。

 

3 経過措置として、平成29年分(平成30年度)から令和元年分(令和2年度)までの申告については、明細部分の記入に代えて、従来どおりレシートや領収書の提示(提出)とすることもできます。


お問い合わせ 税務課 町民税課税係
代表:049-295-2112(内線198、199)   fax:049-295-0771
mail: zeimu@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る