通知カードの再発行

 

 通知カードを紛失・汚損した場合、再交付の申請が必要です。

 

注意事項

・即日発行できません。お手元に届くまで、約1か月かかります。

・「地方公共団体情報システム機構」が作成し、世帯主宛に簡易書留でお届けします。

・手数料は1枚あたり500円です。

・既にマイナンバーカード(個人番号カード)を申請している場合、通知カードは再交付できません。

 

至急でマイナンバー(個人番号)の確認が必要な場合

 確定申告や年末調整などで、至急マイナンバー(個人番号)の確認が必要な場合は、マイナンバー(個人番号)の記載された住民票の写しを取得してください。

 詳しくは、「個人番号(マイナンバー)・住民票コード記載の住民票」をご覧ください。

 

再交付申請場所・日時

場所 毛呂山町役場1階 住民課戸籍住民係

日時 平日 午前8時30分~午後5時15分

    第1土曜日 午前8時30分~午後0時30分

 

再交付申請に必要なもの

1.本人確認書類(代理人の場合、本人と代理人の両方)

2.手数料500円

3.代理人の場合委任状(19KB)(PDF文書)

※申請時に、紛失時の状況を伺います。警察への遺失届出が必要な場合がありますので、事前にご確認ください。

本人確認書類一覧

※有効期限内の原本を持ってお越しください。なお、本人確認書類はコピーさせていただきます。

※住民異動届・戸籍届等で住所・氏名が変更されている場合や、文字・写真の汚損で確認できない場合は、事前に発行機関で書き換え・再交付を行ってからお越しください。

1点の提示でよいもの

官公署の発行した顔写真付きの免許証・資格証明書

運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、顔写真付き住基カード、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)、在留カード、特別永住者証明書、障害者手帳、療育手帳 等

2点の提示が必要なもの

ただし、うち1点は官公署の発行した本人確認書類が必要

官公署から発行または発給された書類その他これに類する書類で、個人識別情報(氏名及び生年月日、住所)の記載があるもの

<例>健康保険や介護保険の被保険者証、年金手帳、各種年金証書、生活保護受給者証、通帳、社員証、学生証 等

※病院の診察券やキャッシュカードなどは、通知カード再発行申請の本人確認書類として取り扱いができません。

 


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る