インフルエンザの感染予防に注意してください

1月16日、埼玉県全体に、「流行警報」が発令されましたが、その後患者数は、1月27日までに、ピークに達し、その後わずかに減少傾向です。

平成31年2月4日から2月10日までの、1医療機関当たりの患者報告数は、38.56人となりました。(30人を超えると、流行は、「警報」レベルです)

インフルエンザの流行は、例年2月まで続く傾向がありますので、引き続き注意をお願いします。

 

・咳エチケットの励行

(人に向かって、咳やくしゃみをしない。咳やくしゃみが出る時は、できるだけマスクをする。手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時は、すぐに手を洗う。)

・外出後の手洗い(流水、石けんで洗いましょう)

・適度な湿度の保持(加湿器を使う。室内に洗濯物を干すなど)

・十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

など、ポイントを押さえて感染予防に努めましょう。

 

〇毛呂山町では、インフルエンザ予防接種の一部助成を実施しておりましたが、1月31日までで終了いたしました。

  2月1日以降は、全額自費になりますが、接種を受けたい人は医療機関で受けてください。

 

〇予防接種についてのお問合せ  保健センター予防係 (電話049-294-5511)

 

もし、インフルエンザのような症状が出たときは

 咳、鼻水、のどの痛み、急な発熱、関節痛など、インフルエンザと思われる症状が出たときは、無理をせず、マスクを着用して早めに医療機関を受診しましょう。

 早めの受診と、休養をとることは、症状を重くならないようにするだけでなく、他の人への感染を広げないためにも大切です。




お問い合わせ 保健センター
代表:049-294-5511   fax:049-295-5850
mail: hsenter@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る