生活習慣病重症化予防対策事業

生活習慣病重症化予防対策事業を実施しています。

毛呂山町国保では埼玉県方式による生活習慣病重症化予防対策事業を実施しています。これは国のプログラムに準じた埼玉県内の市町村、埼玉県国保団体連合会が共同で行う事業で、糖尿病の人工透析移行を防止するための事業です。

対象者

毛呂山町に住民登録している20歳以上の国民健康保険被保険者。

実施内容

(1)受診勧奨

特定健診等の検査結果から、血糖値、HbA1c、eGFR、尿蛋白の結果が悪い方のうち未受診の方、最終受診月から6ヵ月受診記録のない方に対して受診勧奨の通知をします。また、電話での受診勧奨も行います。

(2)保健指導

レセプト、特定健診データ等から糖尿病性腎症の病期が第2期、第3期、第4期と思われる方のうち通院している方に対して保健指導案内の通知をします。保健指導を受けるためには、ご本人、かかりつけ医の先生の承諾が必要になります。保健指導は、専門職(委託会社)が行います。

 

☆今年度新規対象の方及び昨年度保健指導不参加の方

保健指導の案内通知を送付します。

☆昨年度保健指導参加の方

保健指導継続支援の案内通知を送付します。

 


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る