世界禁煙デー・禁煙週間

 

世界禁煙デー

5月31日は世界保健機関(WHO)の定める「世界禁煙デー」です。

タバコが健康被害など悪影響をもたらすことを社会に訴え、タバコ使用を減らすことを呼びかけています。

 

禁煙週間

厚生労働省は5月31日から6月6日までの1週間を禁煙週間としています。

喫煙の危険性及び禁煙の重要性等について、国民一人ひとりが身近な問題としてとらえ、継続して取り組んでいけるようなたばこ対策の推進を図っています。

今年度は「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」

を、テーマとしています。

 tabaco

 

 

タバコの影響…

タバコの煙にはニコチンやタール、一酸化炭素など多種類の有害物質が含まれており、タバコを吸う喫煙者にはがん、心臓病、脳卒中、肺気腫などの重要な疾病の罹患率や死亡率が高いと言われています。

タバコを吸う本人だけにとどまらず、その煙を吸う受動喫煙によって、肺がんや虚血性心疾患等の死亡率の上昇や、非喫煙の妊婦でも低出生体重児出産のリスク上昇につながります。

毎年世界中で600万人がタバコの使用によって死亡しており、このままでは2030年には毎年800万人がタバコによって死亡すると予測されています。

この機会に、自分だけでなく、まわりの大切な方々の健康のために、禁煙について考えてみませんか?

 

埼玉県全面禁煙・空間分煙実施施設認証制度

埼玉県では、受動喫煙による健康への悪影響を防止するため、全面禁煙・空間分煙に取り組む施設を認証する制度を実施しています。

この制度は全面禁煙等を行っている県内の施設管理者からの管轄保健所への申込に基づき、認定書や飲食店でのステッカーの交付を行うものです。

ご希望の企業はダウンロードよりパンフレットをご覧の上、管轄保健所までお問合せください。


お問い合わせ 保健センター
代表:049-294-5511   fax:049-295-5850
mail: hsenter@town.moroyama.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

ページのトップへ


トップのページへ戻る