中世の歴史と文化を巡る~流鏑馬・鎌倉街道と苦林野~

崇徳寺跡と延慶の板碑

 崇徳寺跡に立っていた「延慶の板碑」は、昭和37年(1962)に保存上の理由により現在の場所へ移転されました。延慶3年(1310)と刻まれた塔婆は、高さ3メートルもある大型板碑です。埼玉県内には、延慶の板碑をはじめ、20,000基を超える数の板碑があるといわれています。

 延慶の板碑には、「沙弥行真」と「朝妻氏女」の2人の名が刻まれています。

 移転の際、延慶の板碑の下から古瀬戸の蔵骨器が出土しました。蔵骨器は、延慶の板碑とともに埼玉県指定文化財に指定され、毛呂山町歴史民俗資料館に展示されています。

 

延慶の板碑 

延慶の板碑 

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る