中世の歴史と文化を巡る~流鏑馬・鎌倉街道と苦林野~

鎌倉街道沿いの中世墓・崇徳寺跡

 江戸時代後期、幕府によって編纂された『新編武蔵風土記稿(しんぺんむさしふどきこう)』川角村の条に、崇徳寺が苦林野合戦の戦火で焼失してしまったと記されています。

 鎌倉街道苦林宿とされる堂山下遺跡の南西に町指定史跡崇徳寺跡があります。昭和63年度(1988)の埼玉県立歴史資料館と毛呂山町教育委員会の合同調査をはじめ、平成27年度までに計4回の調査が行なわれました。

 調査の結果、建物跡や焼失の形跡は発見されていませんが、板碑をともなう中世墓などが確認され、火葬した骨を納めた蔵骨器や地面に立った状態で整然と並ぶ板碑が発見されました。かつて、崇徳寺跡に立っていた延慶3年銘の板碑と蔵骨器2口は、埼玉県指定文化財となっています。 

   

崇徳寺跡1号墓遺構

崇徳寺跡1号墓遺構

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る