中世の歴史と文化を巡る~流鏑馬・鎌倉街道と苦林野~

歴史の道・古道鎌倉街道

 毛呂山町歴史民俗資料館の西側には、南北に鎌倉街道が通っています。毛呂山町の鎌倉街道は、県内でも保存状態がとてもよく、文化庁の「歴史の道百選」にも選ばれました。

 鎌倉街道は、中世、政治の中心であった鎌倉と、関東諸国や信濃、越後、陸奥を結ぶ主要道路でした。「いざ鎌倉」と鎌倉幕府の御家人たちが街道を行き来するなかで、鎌倉街道沿いで数多くの合戦が行われました。

 埼玉県を通る鎌倉街道は、中道(なかつみち)と上道(かみつみち)です。このうち、毛呂山町を通る鎌倉街道は「上道」で、坂戸市森戸から高麗川を渡り、毛呂山町市場・西大久保の境、川角・大類の境を抜けて、越辺川を渡り、鳩山町今宿へと続いています。

 鎌倉街道は、軍事道路であり、物流の幹線道路でもありました。毛呂山町の鎌倉街道には、往時の面影をしのばせる古道の景観が残り、街道周辺からは、中世の寺院跡や宿場の跡などの遺跡も発見されています。

 

    川角・大類境の鎌倉街道(歴史民俗資料館西側)

川角・大類境の鎌倉街道(歴史民俗資料館西側)

  

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る