毛呂山町不妊治療費助成事業について

 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)はいわゆる自由診療であり、高額な医療費によって、治療を希望するご夫婦の経済的負担は大きいものとなっています。毛呂山町では、その経済的負担を緩和し、治療を受けやすくするため、埼玉県不妊治療費助成事業による助成を受けたご夫婦で、一定の条件を満たす方に対して、町の助成金を支給します。

 申請をお考えの方は、下記の内容をよくご確認いただき、お手続きをお願いします。
 

 

助成対象となる人

 

埼玉県不妊治療助成制度の交付決定を受けた法律上の夫婦で、次の要件をすべて満たす人
 

 

 埼玉県不妊治療助成事業の交付決定を受けた日の翌月の初日から起算して3か月以内の申請であること

 ご夫婦のうち、どちらか一方が毛呂山町の住民であること

 町税の滞納がないこと

 他の市区町村(指定都市・中核市を除く)から同一の事由による助成を受けていないこと

 

 

助成金の額

 

1回の治療に対し、治療実施機関が発行する実施証明書及び領収書の金額を確認し、対象となる治療に要した額から埼玉県からの助成金を差し引き、下記の基準額を上限とした額を助成します。

なお、上限額に満たない場合は、その額を助成し、埼玉県の助成金で治療費の全額が助成された場合は、対象外となります。
 

 

治療内容による助成基準額(限度額)

区分

実施した治療内容

基準額

A

新鮮胚移植の実施

50,000円

B 凍結胚移植の実施 50,000円

C

以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施

25,000円

D

体調不良等により、移植の目処が立たず治療終了

50,000円

E

受精できず、または胚の分割停止、変性、多精子受精等の異常受精等により中止

50,000円

F

採卵したが卵が得られないまたは状態のよい卵が得られないため中止

25,000円

G

男性不妊治療(TESE、MESA、その他精子を採取するための手術であり、保険外診療に限る)

50,000円

 ※区分Gについては、A~Fの治療とは別に申請することができます。

 

 

助成回数

 

助成を受けようとするご夫婦の、妻の年齢により、下記のとおりとします。なお、年間の助成回数に制限は定めていません。

 

 初めて助成を受ける際の、妻の年齢が40歳未満の場合 → 妻が43歳になるまでに通算で6回

 初めて助成を受ける際の、妻の年齢が43歳未満の場合 → 妻が43歳になるまでに通算で3回

 上記以外の場合 → 助成対象外

 

 

申請について

 

必要書類等をご用意のうえ、保健センターへお越しください。なお、書類の確認等に時間を要することがありますので、なるべく時間に余裕をもってお越しくださいますよう、お願いします。

 

   必要書類

  1. 埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書(原本)
  2. 指定医療機関が発行する特定不妊治療実施証明書(写し)
  3. 助成金を受けようとする不妊治療に係る領収書(原本で、坂戸保健所受付印が押印されているもの)
  4. 申請者(ご夫婦)の印鑑
  5. 口座のわかるもの
  6. 町税に滞納がないことが確認できる書類

→この書類は夫婦2人分必要です。(有料)

「課税証明書」・「非課税証明書」とは異なりますのでご注意ください。毛呂山町役場税務課納税係にて『保健センターに提出する滞納がない証明』『不妊治療助成金で使用する滞納がない証明』等とお伝えください。 

 

 提出場所

 毛呂山町保健センター(毛呂山町川角305番地1)

  

※埼玉県不妊治療費助成事業につきましては、埼玉県公式ホームページ http://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/boshi/funinchiryo.html(外部サイトへのリンク)をご確認いただくが、埼玉県坂戸保健所(電話 049-283-7815、所在地 埼玉県坂戸市石井2327-1)にお問い合わせ下さい。

 


お問い合わせ 保健センター
代表:049-294-5511   fax:049-295-5850
mail: hsenter@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る