18歳選挙権・選挙権年齢の引き下げについて

選挙権年齢が18歳に引き下げされました

 

 平成27年6月19日、公職選挙法などの一部を改正する法律(平成27年法律第43号)が公

付され、選挙権年齢が20歳から18歳へ引き下げられました

 

 ただし、平成28年6月19日以降に行われる衆議院議員選挙または参議院議員選挙か

らの適用となります

 

 その間に行われる選挙については、満20歳以上の方が有権者となります。
 

 詳しくはこちらのページをご覧ください。


 

はじめての選挙 18歳選挙(総務省特設ウェブサイト)

 

総務省が18歳選挙権の実施に向けて特設ウェブサイトを開設しています。

 

「はじめての選挙18歳選挙について」は、選挙を身近に分かりやすく学べるウェブサイトです。

 

選挙に関する知識や、公職選挙法で定められている違反や注意点などをお知らせしています。

 

話題のダンスユニット、エグスプロージョンの「選挙権の変」の動画や、自分の写真を選挙ポス

ター風に加工できるコンテンツなどがあります。

 

また、全国で行われるワークショップやシンポジウムの実施予定についてもお知らせしていま

す。

 

詳しくはこちらのページをご覧ください。


 

 

高校生向け副教材「私たちが拓く日本の未来」について

 

 選挙権年齢が18歳に引き下げられたことに伴い、各学校での政治や選挙などに関する学習

の内容の充実を図るため、文部科学省・総務省が連携し、高校生向けの副教材として「私たち

が拓く日本の未来」(生徒用副教材・教師用指導資料)を作成しました。

 

 今後、各学校での主権者教育に活用されます。

 

 詳しくはこちらのページをご覧ください。


お問い合わせ 総務課
代表:049-295-2112   
mail: soumu@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る