生活支援サービスと高齢者の社会参加について

 

生活支援サービスと高齢者の社会参加

 

今後、認知症高齢者や単身高齢世帯等の増加に伴って、医療や

介護サービス以外にも、在宅生活を続けるための日常的な生活

支援(配食・見守り等)を必要とする方の増加が見込まれています。

そのためには、行政サービスだけではなく、NPO、ボランティア、

民間企業等の様々な事業主体による支援体制をつくることが求め

られます。

同時に、高齢者の社会参加をより一層推進することを通じて、元気

な高齢者が生活支援の担い手として活躍するなど、高齢者が社会

的役割をもつことで、生きがいや介護予防にもつなげる取組が重要

です。

 


お問い合わせ 毛呂山町地域包括支援センター
代表:049-295-2112(内線156、157)   fax:049-276-1013

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

ページのトップへ


トップのページへ戻る