ふるさと納税ワンストップ特例制度

 文頭マークふるさと納税ワンストップ特例制度とは

 

 この制度は、確定申告を行わない給与所得のみの方などがふるさと納税を行う際、個人住民税が課税されている市区町村に対する寄附控除の申請を、寄附先の市区町村などが寄附者に代わって行うことを申請できる制度です。

 この制度を利用できる方は、以下の2つの要件に該当する方のみとなります。

 

  1.給与所得のみの方などで、確定申告を行う必要がない方 ※

  2.寄附先の自治体数が5団体以下の方

 

 ※給与所得のみの方でも、医療費控除などの各種控除、株式などの所得を申告する方は対象外となります。

 

ふるさと納税ワンストップ特例が適用される場合 図で説明

 

文頭マーク制度の申請手続きについて

 

文頭マーク申請方法

 寄附の申込みをする際、「ワンストップ特例の利用を希望する」とされた方には、寄附金受領証明書送付時に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を同封しますので、必要事項を記入のうえ、署名、捺印をし返送してください。(FAX及び電子メールは不可)

 

文頭マーク申請した内容に変更が生じた場合

 申請書の提出後に、住所・氏名などに変更があった場合、申請をした翌年の1月10日までに以下の「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を提出してください。また、申請後にふるさと納税の寄附先が5団体を超えた場合は、申請が無かったものとみなされます。この場合は確定申告が必要となりますのでご注意ください。

 

 ※なお、令和2年分に係るふるさと納税に関する特例申請書の提出期限は、令和3年1月12日(火)となります(消印有効)。

 


 

文頭マークお問合わせ先

【ふるさと納税 寄附の方法、返礼品に関すること】   

 毛呂山町役場 まちづくり整備課 都市計画係

  電話 049-295-2112 内線152

 

【ふるさと納税 税の申告(税額控除等)に関すること】

 毛呂山町役場 税務課 町民税課税係

  電話 049-295-2112 内線198・199


お問い合わせ まちづくり整備課 都市計画係
代表:049-295-2112(内線152)   
mail: mati@town.moroyama.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

ページのトップへ


トップのページへ戻る