介護保険負担割合証について

 

一定以上の所得がある人は利用者負担が2割になります

 

一定以上所得がある人がサービスを利用したときは、利用者負担が1割から2割になります。

要介護認定を受けた人全員に、自己負担の割合(1割または2割)が記載された「介護保険負担割合証」が発行されます。介護保険負担割合証の有効期間は、8月1日から翌年7月31日までの1年間で、毎年更新されます。前年の所得によって負担割合が決定します。

 

※介護保険サービスを受けるときには、必ず介護保険被保険者証と一緒にサービス事業者に提示します。

 

1割負担となる人

 

○本人の合計所得金額が160万未満の人

○住民税非課税の人

○生活保護受給者

○40歳以上65歳未満の人

 

2割負担となる人(一定以上所得者)とは、下記の両方にあてはまる人のことです。

 

○65歳以上で本人の合計所得金額が160万円以上

○年金収入+その他の合計所得金額が、単身世帯で280万円以上、または65歳以上の人
  が2人以上いる世帯で346万円以上がある人

 

 


お問い合わせ 高齢者支援課 介護保険係(内線123)
代表:049-295-2112   fax:049-276-1013
mail: kourei@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る