[国民健康保険税]のしくみ

 国民健康保険は国民皆保険制度の礎となるものであり、住民の皆さんの健康を維持するうえで、大変重要な役割を担っています。その財源は、加入者の皆さんに納めていただく国民健康保険税と、国、県、町などからの負担金などでまかなわれています。

 

 ●国民健康保険税の計算方法は各市区町村により異なります。 

 毛呂山町では、世帯の所得や人数に応じて計算しています。

  

 ●納税義務者について 

 国民健康保険は所得の有無にかかわらず、地方税法第703条の4第1項で、国民健康保険の被保険者である世帯主が納税義務者とされ、また国民健康保険の被保険者である資格がない世帯主であって、その世帯に国民健康保険の被保険者がいる場合の世帯主も、「擬制世帯主」と呼ばれ、地方税法第703条の4第28項で、納税義務者とされています。

 

(注)

 擬制世帯主については、国民健康保険税の計算に算入されることはありません。ただし軽減判定の算定には含まれます。


お問い合わせ 税務課 町民税課税係 (内線:198 ・ 199)
代表:049-295-2112   fax:049-295-0771
mail: zeimu@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る