土砂災害危険箇所等

 平成26年8月に広島市で発生した大規模な土砂災害を踏まえ、町民の防災意識・危機意識のさらなる向上を図るため、町民の皆様へ土砂災害危険箇所、防災気象情報や避難勧告等の収集方法などについて、お知らせします。

 

 

1.土砂災害危険箇所の位置

 

町では、土砂災害から町民の皆さんの生命・身体を守るため、毛呂山町土砂災害ハザードマップを作成いたしました。

土砂災害ハザードマップには、町の土砂災害危険箇所(土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域を含む)の位置をはじめ、災害時の心がけや避難所等が掲載されています。

いざという時に備え、避難所までの経路や家族の連絡先などを確認しておきましょう。

 

毛呂山町土砂災害ハザードマップ

阿諏訪・滝ノ入地域

大谷木・権現堂・宿谷地域

 

埼玉県内の土砂災害危険箇所の位置等については、下記のホームページで確認することができます。

埼玉県土砂災害危険箇所マップ(埼玉県ホームページ)

 

また、埼玉県内の土砂災害警戒区域等についても下記のホームページで確認することができます。

土砂災害警戒区域等(埼玉県ホームページ)

 

 

2.防災気象情報の収集方法

 

防災気象情報は、下記ホームページなどで確認することができます。雨が降り始めたときは、 防災気象情報をご活用ください。

 

気象庁熊谷地方気象台(気象庁ホームページ)

降雨情報や今後の予測などをご確認いただけます。

 

埼玉県河川砂防防災情報システム (埼玉県ホームページ)

土砂災害に関する情報を配信しています。

 

防災情報メール配信(埼玉県ホームページ)

埼玉県では、地震や気象等の情報を県民の皆様へお伝えする手段として、メールを用いて配信するサービス「埼玉防災情報メール」を行っています。

 

 

3.避難勧告を発令したときは

 

町では、下記の方法により町民の皆様へお知らせします。

 ・防災行政無線による放送

 ・消防団車両による呼びかけ

 ・緊急速報メール(エリアメール)やホームページの活用

 ・該当する区長へ電話連絡し、地区の緊急連絡網等の活用

 

※避難場所や避難所については、毛呂山町防災マップ(内部リンク)をご覧ください。

 

 

4.町民の皆様がとるべき避難行動

 土砂災害危険箇所にお住まいの方は、大雨の際や土砂災害警戒情報は発表された際には、早めに安全な場所に避難しましょう。特に、がけから水が湧き出ている、がけから小石がパラパラ落ちてくるなどの前兆現象を見かけたら、すぐに避難することを心掛けてください。また、夜間に大雨が予想される際には、暗くなる前に避難することがより安全です。

 なお、豪雨などで避難場所や避難所への避難が困難な時は、近くの頑丈な建物の2階以上に避難したり、さらに困難な際には、家の中のがけから離れた部屋や2階などの少しでも安全な場所に移動しましょう。

 

 前兆現象については、こちらもご覧ください。

 前兆現象(埼玉県ホームページ)

 

 


お問い合わせ 総務課
代表:049-295-2112   
mail: soumu@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る