一点ギャラリー『歴史の小箱』 No.13 「かき氷機と氷コップ」

『歴史の小箱』では、当館に寄贈・寄託された資料の中から、オススメの

一点を2週ごとに展示しています。 
 第13回目は、この季節にピッタリな「かき氷機と氷コップ」を紹介します。

本展示は、平成26年度当館館務実習生によるものです。

 

 夏になるとよく食べられるかき氷は、古くは平安時代に書かれた『枕草子』に、「けづりひ(削り氷)」という

 名で登場します。

 当時は氷が貴重だったため、高級品として貴族に食べられていました。

 明治時代になると全国各地に製氷所ができ、氷を売る「氷屋」が増えました。その結果、氷がお店や

 一般家庭でも簡単に手に入るようになりました。

 昭和に入るとかき氷機はお店に普及していき、かき氷は庶民的な食べ物となりました。

 氷を削る方法は時代とともに変化していますが、「かき氷」は変わらず食される夏の涼です。

 

かき氷機

展示されているかき氷機は、地区のお祭りなどで使用さ れていたものです。

また、かき氷機の『初雪』というブランドは、今でも製造されています。

かき氷機上部にある装飾

「富士山」、「松」、「七福神」などの縁起物の装飾がされています。

 

氷コップとスプーン

 

氷コップの青い色は、コバルトによって色づけされています。

溶けたガラスを型に流し込み、押し出して作るプレス成型によって、氷コップの外側に模様がつけられています。

 

氷コップの成型時の接合面のねじれ

氷コップ地付きの部分から、氷コップ皿部分の接合面がねじれています。

成型する際のプレスにより、ねじれたものと考えられます。

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る