一点ギャラリー『歴史の小箱』 No.9 「箱膳(はこぜん) ~変わる食事のスタイル~」

 『歴史の小箱』では、当館に寄贈・寄託された資料の中から、オススメの

一点を2週ごとに展示しています。 
 

 第9回目は、箱膳(はこぜん)を紹介します。
 

箱膳:食器収納時


蓋を返して御膳の形にします。

 昭和20年から30年代頃を描いた映画の中で、ちゃぶ台のある茶の間のシーンを目にします。時にちゃぶ台は宙を舞い、怒りのアイテムとして登場することもあります。
 

 ちゃぶ台が主流をなした大正時代より前の、江戸時代から明治時代は、専ら箱膳が使われました。
 

 箱膳は、当時の食事のスタイルをよく表しています。家族の一人ひとりが自分の箱膳で食器を管理し、食事の際に、箱から出して使いました。
 

 箱膳を使う食事のようすは、今とはだいぶ異なっていたようです。食事の時間になると皆が集まってきて食べ始めます。食べ終わると食器に湯を注ぎ飲み干し、お漬物で拭いて、銘々が箱膳の中に食器を伏せて収納するというものです。
 

 箱膳からちゃぶ台を囲む食事のスタイルに変わったのは、衛生面に気を使うようになったことや、大家族から小さな家族に変化していったことなど、いろいろな要因が考えられます。
 

 

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る