一点ギャラリー『歴史の小箱』 No.8 「藁蓑(わらみの)・棕櫚蓑(しゅろみの) 」

   『歴史の小箱』では、当館に寄贈・寄託された資料の中から、オススメの

  一点を2週ごとに展示しています。 
 

  第8回目は、蓑(みの)を紹介します。
 

 

藁 蓑


 

 

 

藁蓑(わらみの)と棕櫚蓑(しゅろみの)

 

     蓑は、菅や茅、稲といった植物の細い茎や藤や棕櫚

    などの樹皮を編んでつくる日本の伝統的な雨具(防寒

    具)です。

 

       昭和30年代までは、毛呂山でも農作業や山仕事など

     さまざまな場面で蓑は使われており、特に藁蓑や棕櫚

     蓑が多く用いられていました。

 

  藁蓑について


   藁蓑の特徴は、通気性と保温性に優れて暖かいこと

   です。そのため、梅雨の農作業繁忙期でも蒸れず作業

   ができました。

 

       唯一の欠点は、水を含むと重くなることで、ずぶ濡れ

   になった蓑を着ての農作業は大変だったそうです。そし

   て、使っていくと藁が抜け落ちるため、丁寧に 使っても

    2年ほどで作り直しが必要でした。

 

  棕櫚蓑について


   棕櫚蓑は、防水性が高くよく水が撥ね、非常に軽いう

  え、一枚で生涯使えるほど長持ちするため、天候の変

  わりやすい山間の生活には大変適していました。

       

        しかし、棕櫚蓑は作れる人が少なく、材料の棕櫚の

    皮集めが大変なため、毛呂山では値段が高く、なかな

  か買うことはできなかったそうです。

 

棕 櫚 蓑

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る