秋の流鏑馬(重殿行き~神職家饗応)が行われました。

 11月2日、翌3日のやぶさめ祭りに際し、様々な行事が行われました。

 毛呂本郷の本陣を出発した乗り子たちは、重殿淵(じゅうどのぶち)へ行き馬の口をすすぎ、その後重殿淵の地元である前久保地区から焼米の接待を受けました(焼米饗応(やきごめきょうおう))。次に神社下のミタラセ池で再び馬の口をすすぎ、今度は神社で神職家から接待を受け、翌日のやぶさめ祭りに備えました。

 

 

 


お問い合わせ 秘書広報課
代表:049-295-2112   fax:049-295-0771
mail: hisyo@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る