一点ギャラリー『歴史の小箱』 No.2 「くるり棒」

  『歴史の小箱』では、当館に寄贈・寄託された資料の中から、オススメの

一点を2週ごとに展示しています。

 第2回目は、くるり棒を紹介します。

 

 くるり棒は、刈り取った麦や大豆を叩いて、芒(のぎ)や粒を落としたり、脱穀を行

うための道具です。
 「唐竿」とも呼ばれており、握り手となる「柄」、回転して稲や麦を打つ
「打部」、柄と

打部を繋ぐ「連結部」という3つの部品からできています。
 毛呂山町内で使われていたくるり棒は、打部が1本棒ですが、他の
地域では3本

並んでいるものもあります。
  寄贈者の大野さん(滝ノ入)は、くるり棒を2人1組で使い、豆類や
類の脱粒を

行っていました。

 

くるり棒のサイズ
柄の長さ 124cm 打部の長さ 85cm 打部の直径 5.6cm

 

 くるり棒 麦打ちの風景(明治末~大正初期)

 芒(のぎ)は米や麦などイネ科の植物の穂先にある棘状の突起のことです。麦を運ぶ時などには、よく芒が刺さり、刺さった箇所は大変痛く、ヒリヒリしたそうです。

  

 中央の写真は、明治の末頃から大正時代にかけての麦打ちの様子を写したものです。

 関東地方では、麦打ちを数名で協力して行うことが多く、調子を合わせるために「麦打

ち唄」を唄いながら行いました。

 毛呂山には数多くの麦打ち唄が残っていますが、多くの地区の麦打ち唄は「岩殿山」

から唄い始めました。

 

毛呂本郷の麦打ち唄


~岩殿山で鳴く鳥は 声もよし音もよし 岩の響きで
 岩殿山から雲が出た あの雲はいかにも雨か嵐か
 おてんと様の申し子で 六月の日照りに笠もかぶらず
    名栗の者は色黒い 黒いはずだよ名栗は炭の出所~
              

                        「毛呂山民俗誌」Vol.2より

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る