専業主婦(夫)の年金が改正されました

 平成25年7月1日から専業主婦(注1)の年金が改正され、サラリーマンの夫が退職した際などに年金の切り替えの手続きが遅れたため、保険料が未納となっている主婦が手続きをすることにより、年金を受け取れるようになる場合があります。

 夫が会社を退職した場合や妻自身の年収が増えたときなどは、手続き(第3号被保険者から第1号被保険者への変更届)をして保険料を納めなくてはなりませんが、この手続きが2年以上遅れたことがある方は、2年以上前の保険料を納付することができないため、保険料の「未納期間」が発生します。

 このたび、専業主婦の年金が改正され、このような方が手続きをすることにより、「未納期間」を「受給資格期間」に算入することができるようになりました。

 

 (注1)妻がサラリーマン、夫が専業主夫の場合も同様です。

 

注意

 

 第3号被保険者からの切り替えの手続きが2年以上遅れたことがある方は、今すぐお問合せを!

  ・65歳以上の方は、お問合せが遅れると年金の受け取りも遅れます。

  ・65歳未満の方は、障害年金・遺族年金を受け取れる場合があります。

 

問合せ先

 

  国民年金保険料専用ダイヤル 0570-011-050

         または

  川越年金事務所         049-242-2657


お問い合わせ 住民課
代表:049-295-2112   
mail: juumin@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る