通称名の登録について

外国人の方の通称名の登録について

 通称名は長年日本で生活している外国人が氏名(本名)とは別に日常で使用している日本式の名前のことです。

 

 ●通称名の登録に必要なもの

  

 通称名を登録、変更する場合には、社会生活上用いられていることについての立証資料

 (例:不動産登記簿謄本、勤務先または学校等の発行する身分証明書、通称名で受領している郵便物など)で

  実態を確認する取り扱いとなります。

 

 ・例外的に使用実績がない状態で通称名登録が行われる例

 1:通称名を有する外国人の子として出生した場合。

 2:日系人の氏名の日本式氏名部分を登録する場合。

 3:婚姻等の身分行為により相手側日本人の氏《通称名を有する外国人の通称名氏)を登録する場合。

 

 ※新規入国者で上記の1~3の事例に該当しない場合に、通称名を登録することは適当ではないとされています。

 ※通称名は在留カード、特別永住者証には記載されません。

 

●併記名について

 

 ・漢字圏の外国人(韓国・朝鮮人及び中国人)から、旅券に登録された英字氏名に対応する漢字氏名を併記して

  ほしいとの申出を入国管理局にした場合、在留カードに記載することができます。

 ※特別永住者は市区町村にて証明書交付申請時に併記名登録を確認して行います。

 

 

   


お問い合わせ

住民課 
代表:049-295-2112   mail:juumin@town.moroyama.lg.jp