第6回企画展 『流鏑馬と馬具』

 

期間

平成23年10月15日(土曜日)~12月4日(日曜日)

 

会場

毛呂山町歴史民俗資料館 特別展示室

 

内容

流鏑馬で用いる鞍(くら)や鐙(あぶみ)は、日本古来の伝統工芸技術の結晶でもあります。

流鏑馬の際にはみることができない工芸品をぜひご覧ください。

遺跡で出土した鐙や江戸時代の巻物に描かれた繊細な馬具の絵もご覧いただけます。

※かつて出雲伊波比神社で流鏑馬の付祭として行われていた獅子頭を特別に公開しています。

寛文9年銘 前久保 鞍    前久保区 金沢住金子氏政作 銀象嵌鐙
 前久保区 寛文9年銘鞍と金沢住 金子氏政作 銀象嵌鐙
 

万治元年銘 毛呂本郷 鞍
万治元年銘 毛呂本郷区 鞍
 

武蔵鐙 

寛政元年『武蔵鐙』より
 

巻物に描かれた馬具

巻物に描かれた幕末の西洋馬
 


開催日:2011年10月15日 から 12月4日
お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る