町内の水道水は放射性物質【不検出】です

 

水道課ではお客様が安心してお飲みいただける水道水を供給するため、放射性物質を測定しています。

検査は、厚生労働省が示す 「水道水中の放射性物質に係る管理目標値の設定等について」に従い、ゲルマニウム半導体検出器を用いて、3ヶ月に1回以上の検査を委託しています。

 

平成31年5月現在、放射性物質は不検出です。

安心してご利用いただけます。

 

 

最新データ

   

令和元年度 水道水に含まれている放射性物質測定結果『3ヶ月検査』

単位・・・Bq/kg(ベクレル/キログラム)

採水場所

採水日

放射性ヨウ素131

放射性セシウム134

放射性セシウム137

苦林浄水場

4月18日

不検出

(0.4)

不検出 

(0.4)

不検出 

(0.4)

 大谷木浄水場

5月23日

不検出 

(0.3) 

 不検出

(0.3)

不検出 

(0.5)

 金塚浄水場

3月21日

不検出 

 (0.3)

不検出 

(0.3) 

不検出 

(0.4) 

 

  • 括弧内の数字は検出限界値です。
  • 水道水中の目標値は、放射性セシウム(134及び137の合計)を対象として10Bq/Kgとされています。 

 

 

測定について

 

見出し測定機器

  ゲルマニウム半導体検出器(民間検査機関)

 

見出し測定方法

  厚生労働省の『水道水等の放射能測定マニュアル』におけるゲルマニウム半導体検出器を用いるガンマ線スペクトロメトリーによる放射能測定法

 

 

 

 


お問い合わせ 水道課
代表:049-295-2112   
mail: suidou@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る