一点ギャラリー『歴史の小箱』 NO.1水鉄砲

 

 『歴史の小箱』では、当館に寄贈・寄託された資料の中から、オススメの一点を2週ごとに展示しています。

 

 明治21年(1888)から、岩井地区で使用されていた消火用のポンプです。  

 桶やたらいに水をため、柄を引き上げることで、底にある吸水口から水を吸い上げ、ポンプの力で押し出して水を飛ばしました。箕和田、平山、前久保、沢田、越生の上野、如意など近隣の地区で借りにきたといいます。
 人の力で行うため、たくさんの水を遠くへ飛ばす威力はなく、主に周囲に燃え広がらないようにするために使われていました。

 

水鉄砲 水鉄砲胴体部の焼印
 全体 胴体部の焼印

 

 胴体正面の上の部分に「官許 請合 武州川越辻 龍吐水師 山上」とあり、国の許可により龍吐水師が、消防用のポンプを作っていたことがわかります。

 龍吐水とは、明治初期に水鉄砲とともに使われていた、むかしの消防用ポンプのことです。

 


お問い合わせ 歴史民俗資料館
代表:049-295-8282   fax:049-295-8297
mail: rekisi@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る