農業経営基盤強化促進法による利用権の設定

農業委員会では、法律に基づいた農地の貸し借り(利用権設定)の手続きを行っています。

利用権設定は、農地の所有者と借受人とで決めた期間がくれば、貸借関係は終了し、必ず返してもらえるという制度です。

 

◆貸し手のメリット

 貸した農地は期限がくれば返ってきます。離作料の心配がありません。

  また、利用権の再設定により継続して貸すこともできます

 農地法の許可が不要です。

 

◆借り手のメリット

 経営規模の拡大が図れます。

 貸借期間中は安心して耕作ができます。

  また、利用権の再設定により、継続して借りることができます。

 農地法の許可が不要です。

 

詳しくは、農業委員会・産業振興課へお問い合わせください。

 


お問い合わせ 農業委員会
代表:049-295-2112内線178   fax:049-295-0771(代表)
mail: nougyou@town.moroyama.saitama.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る