自転車も交通ルールを守りましょう

自転車に乗るときのルールとマナー
 
自転車はとても便利で環境にも優しい乗り物です。さらには、「東日本大震災」の影響により、通勤時等の移動手段として注目されるなど関心が高まっております。

 ところが、間違った乗り方や、ルールやマナーを無視した乗り方は重大な交通事故につながることもあります。正しいルールを知り、安全に自転車を利用しましょう。


 

自転車安全利用五則
 1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
 2 車道は左側を通行
 3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 4 安全ルールを守る
   ○飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   ○夜間はライトを点灯
   ○交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
 5 子どもはヘルメットを着用

 

 

 

 

万一の自転車事故に備えて・・・TSマーク付帯保険に入っていますか?

 最近、自転車が関係する交通事故が増加傾向にあります。特に、自転車対歩行者の事故は、高額の損害賠償を請求される事案も増えてきています。

TSマークを貼った自転車に乗っていれば、万一の交通事故の際に、賠償責任保険金や傷害保険金が付いています。

TSマークの貼付TSマークの「店章」を掲げた自転車安全整備店で取り扱っています。

 自転車を購入したとき〔点検・整備料不要〕または、 点検整備を受けたときに点検・整備料を支払うとTSマークを貼付してもらうことができます。
有効期限・・・・・点検・整備の日から1年間

 

定期的に点検整備をしましょう!

○自転車に乗る前には、必ず自己点検を行いましょう。

○自転車店で定期的に、点検整備を受けましょう。

 

自転車の乗る前に点検 「ブ タ ベル サ ハ ラ」

 レーキはよく効きますか?

 イヤの空気圧や溝は大丈夫?

ベル はきちんと鳴りますか?

 ドルの高さは身長に合っていますか?グラグラしていませんか?

 ンドルは曲がっていませんか?反射材は汚れたり、割れたりしていませんか?

 イトはきちんとつきますか?向きはあっていますか?

 

 

ヘルメットを着用しましょう!

○自転車に利用するときは、必ずヘルメットを着用しましょう。

○幼児・児童が自転車に乗車するときは、ヘルメットを着用させましょう。

 

 

5月は、自転車マナーアップ強化月間です。

 自転車月間は、「自転車の安全利用の促進及び自転車駐車場の整備に関する法律」が昭和56年5月に施行されたことを記念して設置されたものです。自転車利用者の交通安全を推進しましょう。


 


  


お問い合わせ 生活環境課
代表:049-295-2112   
mail: seikatsu@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る