鎌北湖

鎌北湖は、農業用貯水池として昭和10年に完成した人造湖です。湖の規模は、周囲約2キロメートル、水深20メートル、貯水量30万立方メートルです。

「乙女の湖」とも呼ばれ、春は桜、夏は緑、秋は紅葉が美しい湖で、奥武蔵自然歩道の入り口にもなっているため、多くのハイカーが訪れています。また、へらぶな釣りを楽しむこともできます。

 

 

桜の時期の鎌北湖の写真紅葉の時期の鎌北湖の写真

新緑の時期の鎌北湖の写真降雪の時期の鎌北湖の写真

 

住所

埼玉県入間郡毛呂山町宿谷356-7 (鎌北湖第一駐車場)

 

 

ボート

 

鎌北湖では、毎年4月~11月の土・日曜日および祝日にボート営業を行っています。

桜や新緑、紅葉など、四季折々の美しい鎌北湖を、湖面で楽しみませんか。

 

詳しくは、「鎌北湖でボートに乗りませんか」のページをご覧ください。

 

※営業期間中、水位の低下に伴い、営業を停止する場合がありますのでご注意ください。

 

 

駐車場

あり(無料)

 

トイレ

あり

鎌北湖第二駐車場トイレは、故障中のため使用できません。

 

近くにあるスポット

・四季彩の丘公園

・奥武蔵自然遊歩道

・宿谷の滝

・食事処「雪月花」

  住所/埼玉県入間郡毛呂山町宿谷356-5

  電話/049-295-2115

 


お問い合わせ 産業振興課
代表:代表: 049-295-2112   
mail: sangyou@town.moroyama.saitama.jp

鎌北湖でボートにのりませんか
獅子ヶ滝

ページのトップへ


トップのページへ戻る