井上 馨 (1835年から1915年)

長州藩 (現在の山口県)出身、幕末・明治・大正時代の政治家。蘭学や砲術を学び、幕末には尊王攘夷・倒幕運動に、明治政府では財政・外交面で活躍した。
高杉晋作・伊藤博文らと行動をともにし、尊王攘夷・倒幕運動に活躍、桂小五郎(木戸孝允)らと薩長連合をまとめるために動いた。維新後は明治政府の高官としておもに財政・外交面で活躍したが、政商とのつながりが深く、三井の最高顧問も就任した。1901年には薩長藩閥の一員として元老となった。1864年には藩の反対派におそわれ、生命をおとしかけたが、いあわせた緒方洪庵門下の所郁太郎という医師に治療され、一命をとりとめたことがあった。




ページのトップへ


トップのページへ戻る