メソポタミア文明

メソポタミアにおこった世界最古の文明といわれている。四大文明の1つ。
メソポタミアは、チグリス川とユーフラテス川の間の沖積平野であり、過去のペルシアの一部であり、現在のイラクにあたる。
この地では紀元前9000年頃から農耕が始まっていたが、紀元前3000年頃までに、青銅器や文字を使用するウルなどのシュメール人の国家が成立し、高度の都市文明が誕生した。
紀元前2350年頃、アッカド王サルゴンがメソポタミアを統一して中央集権国家をつくり、紀元前1900年頃には、巨大都市バビロンを都としてバビロニア王国がこの地を統一した。紀元前1700年頃、バビロニア王国第6代のハンムラビ王がメソポタミアを征服。ハンムラビ法典をつくった。
くさび形文字のほか、太陰暦、七曜制、60進法も生み、暦とともに占星術も発達、金属の鍛錬も知っていたといわれている。
エジプト文明、インダス文明の誕生にも影響を与え、両文明との交易もしていたと考えられている。



ページのトップへ


トップのページへ戻る