土鍋でご飯を炊きましょう

 

 むかしの知恵に学んで 土鍋でご飯を炊きましょう <平成22年10月>  ほうろく村

 

 

 

土鍋炊飯の良いところ

 

○  1合でも美味しく炊けます(少ないお米でも)

○  古米でも新米のように美味しく炊けます(古いお米でも)

○  とても早く炊けます(あっという間に)

○  近赤外線(遠赤外線の一種)効果で、とても美味しく炊けます(美味しく)

○  御粥も玄米も発芽玄米も、芯からふっくら、美味しく炊けます(どれでも)

○  炊き上がった美味しさが、土鍋の中で冷たくなっても続きます(いつまでも)

 

○  ですから、その食べ応えのある味わいで、お米の食事に自信が戻ります

○  ですから、食事の中心であるお米が、復活します

○  一汁一菜、おかずはシンプルでも、大きな満足があります

○  伝統的な日本食が復活し、暮らしもスタイルもスマートになります

 

○  ごく短時間で大変美味しく、サッパリと炊けます

○  ですから、研ぐ必要がなく流すだけで、手を水に濡らさずに炊けます

○  ですから、ご家族も、自分から炊きたくなります

○  小さな努力でも大きな感謝になって戻ってくるからです

 

○  食事の中心となる主食の調理を受け持つことで、大きな達成感が得られます

○  ご家族が家事に対し、関心と自信が持てるようになります

○  食事の中心となる主食の調理をマスターしたご家族は、後片付けも大好きに

 

○  電気よりガス、ガスより薪・炭火(先ずはガス火で)

○  合成樹脂より鉄、鉄より土鍋(普通の土鍋で十分)

 

○  土鍋での炊飯は、日本の食文化の源流そのもの(一万年以上の日本人の伝統)

○  お米の味わい、お米の力をご家庭に取り戻して、調理の楽しさをぜひともご家族のものに(お米の力をご家庭の中心に)

 

 

 

 

土鍋炊飯の目安表

 

 白米

目安表

1合

2合

3合

米 の 量

180cc

360cc

540cc

水 の 量

180cc

360cc

540cc

水に浸す時間

30分

30分

30分

炊飯時間(中火)

湯気が上がるまで(4~6分)

炊飯時間(弱火)

約06分

約07分

約08分

蒸らし時間

約10~15分

約10~15分

約10~15分

 

中火とは、なべ底で炎が大きく広がらない状態

弱火とは、もう少しで消えそうな一歩手前

鍋が濡れたまま火にかけると、ヒビの原因になります

 

 玄米

目安表

1合

2合

3合

米 の 量

180cc

360cc

540cc

水 の 量

270cc

540cc

810cc

水に浸す時間

4~5日

4~5日

4~5日

炊飯時間(中火)

湯気が上がるまで(4~6分)

炊飯時間(弱火)

約18分

約21分

約24分

蒸らし時間

約20~30分

約20~30分

約20~30分

 

 

 炊き上がり状態 Q&A

 

水の量

浸す時間

火加減

蒸らし時間

その他

焦げる

少ない

時間不足

強い

 

 

軟らかい

多い

 

 

時間不足

 

芯が残る

少ない

時間不足

 

時間不足

古米

 

 

 


お問い合わせ 産業振興課
代表:049-295-2112   
mail: sangyou@town.moroyama.lg.jp

ページのトップへ


トップのページへ戻る