谷崎 潤一郎  (1886年から1965年)

明治から昭和時代の小説家。明治の終わりごろから大正のはじめにかけて、「刺青」などを発表したことで、美を最高の価値とする耽美派の代表的作家となった。昭和時代に入り、「痴人の愛」、「春琴抄」などを発表したことで谷崎文学と呼ばれる地位を確立した。

<練習問題>です。目を閉じて下さい。 
問題を読み上げ、続いて、1. 2. 3と数えたあとに、答えを読み上げます。一緒にお答え下さい。 

第一問 谷崎潤一郎の職業は何ですか? 
 1. 2. 3. 小説家 

第二問 谷崎潤一郎は美を最高の価値とする○○派の代表的な作家です。何派ですか? 
 1. 2. 3. 耽美派 

第三問 谷崎潤一郎の代表的な作品を言ってみてください 
 1. 2. 3. 刺青  痴人の愛  春琴抄 

ありがとうございました。



ページのトップへ


トップのページへ戻る